マラソン選手は風邪を引きやすい?

marasonsenshu

マラソン選手は風邪を引きやすい?

座ること、歩くこと、走ること、この3つの動作のうち、最も健康に寄与するのはどれでしょうか?
別の言い方をすれば、パソコン作業に従事する事務員さんと、ゴルフ場のキャディさんと、
プロのマラソン選手のうち、秋から冬にかけて、最も風邪にひきやすいのはどの人でしょうか?

運動量によって、

A 一日のほとんどを座って過ごす人
B 一日に60分歩く人
C 一日に15キロ真剣に走る人

の3群に分けた時、上気道炎 (風邪) のかかりやすさは、
C→A→B の順番であるという論文が発表されました。
1987年のロサンゼルスマラソンに参加した2311人のうち、12.9%が一週間以内に風邪の症状を自覚し、
マラソンに参加していない群の2.2%と比較して、明らかに高い罹患率だったようです。

マラソンのような強い運動の後には、白血球の数が増え、12時間後にピークを迎えるのですが、
逆に、ナチュラルキラー細胞(NKcell)という感染症と戦う白血球の一種の活性は低下し、
同じく12時間後に最低にまで落ち込む、とういうのがその生理学的な説明です。

運動と免疫の関係は必ずしも比例関係にはなく、走ることと、座ることは免疫力を低下させ、
歩くことが免疫力の向上につながると言えます。休日に、マラソンをするか、パチンコをするか、
ゴルフをするかで、寿命は大きく変わるようです。


【参考文献】
Nieman D C, Upper respiratory tract infections and exercise,
Thorax, 1995; 50(12):1229-1231


コメント..

Leave a Comment

PAGE TOP

お電話はこちら